MENU

赤ら顔にハイドロキノンで美白する前に

 

赤ら顔が嫌で美白をしたいって人は多いです。

 

そんな悩みを抱える女性で多いのがハイドロキノンとトレチノインを使って美白する方法です。
ハイドロキノンは肌の漂白剤とも呼ばれ、肌にあるメラニン色素を外に排出する働きのある成分です。

 

そのため、美白効果は非常に高い成分となるのですね。
しかし、肌への効き目が高いことから日本では病院でなければ処方をしてはいけない薬品となっています。

 

濃度の濃いものは薬局やドラッグストアでは販売ができないクリームとなっており、副作用の心配をしなければいけないほどとなっているのですね。

 

ここではそもそも赤ら顔にハイドロノンを使うことによる効果はあるのか?
また、副作用にはどんなことがあるのか解説しています。

 

使うことで後悔することにもなりかねないので必ず使用前に必読してください。

 

赤ら顔にハイドロキノンとトレチノインの効果

 

ハイドロキノンとトレチノインを使うことによって顔の美白をすることはできます。
しかし、赤ら顔には使っても逆効果となるので必ず使用はしないようにしましょう。

 

そもそも、赤ら顔とは効果効能が違います。

 

ハイドロキノンは使うことによって角質にあるメラニンを作りだす細胞「メラノサイト」を減少する働きがあります。また、皮膚内のメラニンを排出する手助けをしてくれる成分です。

 

そのため、シミなどといって色素沈着を消し薄くすることができる薬品です。

 

赤ら顔に関しては原因はメラニンではなく、血管が拡張したことによって血の色が透けて見えていることです。そのため、メラノサイトを減少をしたとしてもまったく意味がないのですね。

 

それどころではなく、刺激から赤ら顔を悪化させてしまったり、トレチノインをあわせて使うことで角質を剥がしてしまうのでバリア機能の低下と皮膚が薄くなる為、症状がひどくなります。

 

赤ら顔にハイドロキノンやトレチノインは効果がありません。
逆効果になるだけなので使用はしないようにしましょう。

 

赤ら顔にハイドロキノンを使用した副作用

 

ハイドロキノンの特徴としては肌への刺激が非常に強いことです。

 

そのため、赤ら顔に使用をすれば当然のことながら肌に刺激を与えることになります。
しかし、顔が赤くなっている原因は血管が大きく拡張しているためです。

 

血管が大きく拡張する原因は肌への刺激となるので、ハイドロキノンをつけることで毛細血管が拡張してしまい更に赤みを帯びてしまう副作用が考えられるのですね。

 

たまに知恵袋での質問で「濃度を下げれば効果がありますか?」なんて質問されている方も見られますが、そもそも効能はメラニンの排出です。
赤ら顔とはまったく関係ないので副作用のリスクはあっても効き目は期待できません。

 

使用はしないようにしましょう。

 

赤ら顔を安全に治したいなら

 

赤ら顔は肌への刺激や炎症よって毛細血管が拡張をしているのが原因です。
そのため、治したいって人に人気となっている方法が肌のバリア機能を高める方法です。

 

皮膚にはバリア機能と呼ばれる保湿剤の膜があります。
この膜によって皮膚へ与えられる刺激を軽減する働きが行なわれているのですが、20才をすぎた頃から体内からセラミドが減少をしてしまうので機能も弱まってしまいます。

 

そのため、きちんとケアをしなければ刺激に弱い肌となってしまうのですね。

 

赤ら顔用に作られた化粧品が販売されており、バリア機能を高めるための保湿成分などが配合されているものがあります。
刺激で血管が拡張するのならそもそもの刺激を軽減して与えないようにしようと考えられたものなのですね。

 

ハイドロキノンのように副作用の心配もなく、安全に使用することができることから赤ら顔を治したいって人に人気となっている方法となります。
詳しくは下記の記事で解説しています。

 

>>>赤ら顔(毛細血管拡張症)の治し方へ