MENU

赤ら顔の原因は皮膚が薄いからだけではない

 

赤ら顔をどうにかしたいって人は多いです。

 

しかし、その多くが「皮膚が薄いから」と多少の知識のもと、対策を行なってしまうので間違った方法を行なってしまう人も多いです。
そもそも、皮膚が薄いのはどうしようもないことですからね。

 

また、それが原因なのであれば美容皮膚科などで行なわれる高額なレーザー治療もありませんし、赤ら顔用の化粧品なども販売されることもありません。

 

確かに皮膚が薄いことは原因のひとつではあります。
しかし、それだけではありませんし、皮膚が薄いくても赤ら顔にならない人もいます。

 

あくまでひとつの要因でしかなく、他の要因も関係をして顔が赤くなってしまっているのですね。
ここでは正しい赤ら顔対策ができるようにするためにも原因を詳しく解説していきます。

 

赤ら顔をどうにかしたい人はご覧頂ければと思います。

 

赤ら顔の原因は毛細血管の拡張

 

赤ら顔は毛細血管拡張症なんて呼ばれ方もします。

 

より原因が分りやすい呼び方となりますが、その名の通り血管が拡張(大きく)なってしまっていることが関係をしているのですね。
血管が大きくなることによってその部分に流れる血液(赤血球)の量が多くなってしまいます。

 

そのため、皮膚が薄いと透けて見えてしまうので顔が赤く見えるようになってしまうのですね。

 

ただ、血管が多少大きくした程度ですぐに変化をしている訳でもありません。
血液が溜まってしまうことによってより色が赤く見えるようになってしまっています。

 

顔が赤くなる原因のまとめ

 

ようするに赤ら顔になる要因としては下記の3つがあります。

 

  1. 皮膚が薄い
  2. 血管が拡張する
  3. 血液が溜まってしまう

 

赤ら顔の原因が皮膚が薄いことと言われるのは皮膚の表面にある表皮が薄ければそれだけ透明度が上がってしまうからなのですね。
しかし、それであれば皮膚が薄い場所はからだの中に様々あります。

 

デリケートゾーンと呼ばれるお股の部分であったり、肘の部分などです。
しかし、顔は赤くとも肘は変わらないって人も多くいます。

 

ようするに皮膚が薄いだけが原因なのではなく、薄い人で血管が拡張してしまった為に赤血球が部分的に集中してしまっているからなのですね。

 

血管が拡張する原因

 

血管が拡張する原因としては皮膚への刺激があります。

 

ニキビなどの肌荒れによって皮膚が炎症をすることによって血管は拡張をするようになります。また、肌への刺激を加えることでも血管は拡張をすることとのなります。

 

そのため、肌が乾燥をしバリア機能が低下をしていると赤ら顔になりやすいのですね。
また、アレルギーやアトピーで血管が拡張することで顔が赤くなりやすいです。

 

赤い顔の人というと誰もが思い浮かぶのがアルコールが入っているお酒を飲んだ後の状態です。
飲酒をすることによって血管が拡張をするので赤ら顔と原因はまったく同じとなっています。

 

また飲酒をしすぎで肝臓を悪くすると血液のめぐりが悪くなってしまいます。

 

血管が拡張をするのとは原因は別ですが、血液が溜まってしまうので赤色に変化をしてしまいやすくなります。

 

赤ら顔の対策をするなら

 

皮膚が薄いことに関してはどうしようもありません。
いくら脂肪をつけたとしても皮膚の表面である表皮が厚くなる訳ではないので意味がありません。
そもそも太りたくはないですしね。

 

そのため、対策としてできるのは健康的な食事を心がけることで血のめぐりを良くすること。
そして、肌のケアをしっかりとしてバリア機能を高めることで刺激を軽減するようにすることです。

 

ただ、健康面についてはダイエットを成功させるのが難しいように気お使うのは難しいものがあります。
子供で学生なら弁当などで栄養を配慮できますが、社会人になると外食が必然と多くなってしまいますからね。

 

そのため、赤ら顔の対策がしたいって人に人気となっているのがバリア機能を高めるために肌ケアをしっかりとすることです。
赤ら顔用の化粧品が販売されているのでしっかりと保湿をすることで刺激を防ぎ、血管が拡張するのを防ぐ手助けをしてくれます。