MENU

赤ら顔を自宅で治したいなら

 

男性、女性問わず赤ら顔で悩む人は多いです。

 

特に肌が白いと目立ってしまうので、どうにかして治したいと考える人も多いです。
女性であれば厚化粧をすることで一時的に隠すことはできます。

 

しかし、だんだんと落ちてきてしまいますし、ニキビなどの肌荒れが起こるだけではなく赤ら顔の症状も悪化することにもなりかねません。
隠すのではなくきちんと治すことが大事となるのですね。

 

赤ら顔は毛細血管拡張症とも呼ばれることもあり血管が大きくなることが関係をしています。

 

間違った知識で皮膚が薄いからなどの認識をしている人もいますが、正しくはありません。
そのため、間違った薬や化粧品を使ってしまい症状が治らないって人も多いです。

 

このサイトでは赤ら顔を治す方法について詳しく解説をしていきます。。

 

はじめに言わせて貰えれば即効性のある方法なんてものはありません。もし、そういった夢のような方法をお探しであれば当サイト「赤ら顔バイバイ」では役に立つことはできないはずです。

 

そうではなく、きちんと原因を理解し正しいケアをすることで着実と症状を改善しようと考えている人であれば参考になるはずです。

 

赤ら顔の治し方

 

赤ら顔の治し方は大きく分けると2種類あります。

 

  1. 自宅でケアをする方法
  2. 病院でレーバー治療をする方法

 

それぞれ費用も異なればメリットやデメリットについても異なってきます。
自宅でのケア方法といっても薬を使った方法や化粧品を使った方法など様々です。

 

それぞれ特徴を踏まえて詳しく解説していきます。

 

自宅でのケア方法

 

自宅でケアする方法としては化粧品と市販薬を使う方法の2つです。

 

赤ら顔の原因は毛細血管が拡張してしまったために赤血球の量が多くなり、透けて色が赤くなってしまうことです。血管の拡張する要因としては肌への刺激と炎症です。

 

そのため、化粧品を使ってケアすることでバリア機能を高めていくようにします。バリア機能を正常な働きにすることで肌へのダメージを軽減する働きが期待できるのですね。

 

また、ニキビなどによる炎症が原因となっているのであれば炎症を鎮める為の薬も効果的となります。

 

肌が持っているバリア機能を高め保湿をすることで肌荒れによる炎症を防ぐケアをすることで赤ら顔を治す効果を気体することができるのですね。
効果があらわれるまでには時間がかかりますが、自宅でのケアとなるので手間もかからなく、費用も抑えることができるので人気の方法となっています。

 

病院・皮膚科でのレーザー治療

 

美容皮膚科などで行なわれているのがレーザーによる治療です。
また、治療するために使われるレーザー機具の種類も複数あります。

  1. フラクショナルCO2レーザー
  2. フォトOPS
  3. ジェネシス
  4. アキュチップ
  5. LP-YAGレーザー

 

主にこの中のどれかを使って赤ら顔の治療をするケースが多いです。

 

コラーゲンを増やす効果が期待できるものや皮膚の再生効果のあるものなど症状によってどれを使うか決める必要がでてきます。レーザーのデメリットとしては効果と副作用です。

 

赤ら顔の広範囲の部分に効き目が均等にあらわれる訳ではないので色がうろこのようにまばらにでてしまう副作用もあります。
赤い部分の中にぽつぽつと白い部分と残ってしまって均等の色になってくれないのですね。

 

また、1度で治療が完了する訳ではなく、期間を空けて複数回レーザー治療を行なっていくため、総額の費用としては高額となります。

 

赤ら顔の原因は血管の拡張

 

赤ら顔の原因は毛細血管が拡張した為に流れる血の量が部分的に多くなってしまうことで色が透けて見えてしまうことです。
皮膚が薄い人は顔が赤くなると勘違いをしている人もいますが、それは間違いです。

 

あくまで表皮が薄い分、透けて中の血の色が見えやすくはなりますが、血管が拡張をしておらず通常の状態であれば色が変化するようなことはそんなにありません。
からだの中で特に皮膚が薄いとされているデリケートゾーン、肘、脇なども色が変化するはずですからね。

 

そのため、赤ら顔のことを毛細血管拡張症なんて呼ばれ方もしています。

 

血管が拡張する原因としては肌への刺激と炎症です。刺激を与えることによって血管は大きくなるようになっています。
そのため、肌ケアができておらずバリア機能が低下をしていると、刺激を軽減することができないために赤ら顔になりやすいです。

 

また、ニキビなどの肌が炎症をすることでも血管が拡張をしてしまうのできちんと肌のケアが必要となります。

 

飲酒をすると顔が赤くなるのは有名な話ですが、アルコール摂取による血管の拡張です。
顔がすぐに赤くなってしまう人と飲酒後に顔が赤くなるのは原因が同じなのですね。

 

特に血管内に血が溜まってしまうことで赤ら顔になりやすくなってしまいます。

 

メイクで隠すのは症状が悪化する原因

 

赤ら顔が恥ずかしかったり、嫌だったりする女性でメイクで隠そうとする人も多いです。
しかし、症状を悪化させる原因ともなるので注意が必要となります。

 

原因からも分るとおり、肌ケアをしっかりと行いバリア機能を正常に働かせることは重要なことです。

 

メイクで隠そうとするとどうしても厚塗りメイクとなってしまい、肌を清潔に保つことができなくなるだけでなく、ニキビなどの炎症によって血管が拡張することにもなりかねないです。
ファンデーションなどを塗ってもあくまで一時的な対処にしかならないだけでなく、さらに赤ら顔になりやすくなってしまいます。

 

そのため、必要以上に厚塗りにして完全に隠そうとするのではなく、多少隠す程度に収めたほうが良いです。
多少は我慢する程度に収め、まずは赤ら顔を治すことに専念をするのをおすすめいたします。

更新履歴